忍者ブログ

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ内検索

最新TB

| ブログトップへ |

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.05.26 |

鍵盤ハーモニカの調律

最近、MIKIちゃんが吹く鍵盤ハーモニカの音程が気になるようになってきた。
最初の頃より低くなっているような気がする。
はじめの頃はオモチャ楽器的な扱いだったので、気付かなかっただけなのか。
特にいくつかの音は許容範囲を超えているので、どうにかならないかと調べてみたら、こんなページが!
http://teaoffice.jugem.cc/?cid=7

ということで自分でやってみました。
機種はSUZUKI PRO-37V2。
まず、裏蓋を外して、さらにリードプレートのカバーを外す。
photo
緑青が目立つ。ずいぶん酷使してるからなあ。音程も悪くなるわけだ。

写真
リードの下に名刺を挟んで、耐水ペーパーで先の方を削る。
鍵盤を抑えた状態にして、ホースでリードに直接息を吹きかけると音がするので、チューナーでチェックしながら、少しずつ削る。

写真
できあがり!
ものすごく良い感じになりました!

http://teaoffice.jugem.cc/?cid=7
のページの人ありがとうございました!

PR

2010.06.01 | Comments(0) | Trackback(0) | 楽器

足鍵盤

弾き語りというのは自分で歌って伴奏まで付けられるという、自己完結型の音楽です。
ギターやピアノは両手を使うけど、歌が歌える上に、たくさんの音を一度に出せます。
ところが、オーボエに限らずたいていの木管楽器は、短音しか出せないのに
口と両手がふさがっているため、他に何もできません。空いているのは足くらい。
何かできないものかと考えている時、テレビで「はなわ」さんを見ました。
なんと彼はベースで弾き語りをやっているのじゃないですか。
そうかベースでもできるのか、と思ったとき、足でできるベースを思い出しました。
そう、オルガンやエレクトーンの足鍵盤です。
しかし単独で使える足鍵盤などあるのだろうか?と思って探したところ、
ローランドのPK-5Aという機種を発見!MIDI出力ができて電池でも動くすぐれものです。



これにベース音源入りのMIDIリズムマシーンを繋げれば立派な足ベースになります。
ついでにドラムの音なんかも出せたりします。
これを今年の1月に手に入れたのですが、なかなか時間が無くて研究不足&練習不足。
しかし!6月の国分寺クラスタではデビューさせようと思っています。
お楽しみに~!

2006.06.01 | Comments(2) | Trackback(0) | 楽器

| ブログトップへ |

忍者ブログ [PR]