忍者ブログ

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログ内検索

最新TB

<前の日記 | ブログトップへ | 次の日記>

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.12.15 |

ピアノ発表会練習

これがただのピアノ発表会ではない!
生徒のピアノにミニオーケストラ、生徒の親、親戚、友人まで巻き込んで、
代わる代わる打楽器やったりバレエを踊ったりして、白鳥の湖ほぼ全曲をやって
しまうのです。
助っ人としてミニオーケストラに毎年ださせていただいていますが、編成は
弦4部+Fl(picc)+私です。
私にはob,cl,fgの不可能とも思える瞬時の持ち替えが要求されます。何年か前の
胡桃割りの時はこれにイングリッシュホルンも加わっていました。

練習会場となったサトマリ邸のリビングルームは人でごった返します。
いつ終わるともしれない30以上におよぶ曲。
フル編成の白鳥湖の木管楽器ならば結構休みもあるのに、足りない楽器を補うべく
全曲にわたりほぼ休み無しで吹き続ける、という過酷な条件下での演奏。

練習中にもMacから次々と吐き出される追加・差し替えの楽譜。
大道具、小道具、衣装もすべて手作り。
これらを企画するサトマリさんのエネルギーには圧倒されますが、
まわりの人のサポートも相当なものです。
無謀とも思える企画に、本当に実現できるのかという、まわりの人の
胃を痛めそうな心配の声をよそに毎回なんとかなっています。
これだけやって生徒が楽しくないはずはありません。
大きくなっても手伝いに来ている元生徒などを見てもわかります。

PR

2006.08.14 | Comments(2) | Trackback(0) | リハーサル

コメント

すごい!

大変さがよく伝わってきます。
でも楽しそう。
僕ももう少し若ければ、乱入したかも。

2006-08-18 金 08:12:00 | | 政爺 #99c5e59e66 [ 編集]

無題

政爺さん、南房総ではお世話になりました。
このピアノの先生は、なっちゃんの同級生で、最初なっちゃんから頼まれたのです。
今回は彼女が出られず別のフルートですが。

2006-08-18 金 11:56:41 | URL | MINAMI #8deb98d9f7 [ 編集]

コメントの投稿


<前の日記 | ブログトップへ | 次の日記>

忍者ブログ [PR]